IKEAでつくる自宅サロン 〜和室編 ① 〜



自宅開業されている方からのサロンインテリアのご相談事例を元に3回シリーズでご紹介しますね。ぜひご参考になれば幸いです。




和室サロンはどうすればいい?

自宅サロンでは和室の方も多く、どうしてもおウチ感が出やすいため皆様お困りの様子。今回は静岡のF様の事例を元にご紹介します。



一般的な和室の6畳間にベッド。
シンプル?いかがでしょう?
こちらのサロンに絶対に行ってみたいですか?


確かに完全個室でオーナーと知り合いで安ければ通うかも知れません。でもこのままでは新規様、ご紹介があるかはサロンコンサルの立場からは疑問です。なぜなら



顧客が増える要素が少ないから。




これでは発展しませんからサロン経営としてはダメですね。趣味なら別ですが。



サロンのインテリアは『居心地の良さ』が鍵です。コストをかければ良い、ということではありません。 



ちなみにとりあえず100均、とケチケチしているとお客様は『バカにされている』と直感で感じてあなたの品位が落ちますので、サロンに置くものは厳選してくださいね、とだけお伝えします。




こちらのサロンぽくない1番の原因は『照明』です。和室の真ん中のペンダント型の照明が『昭和感』を『演出』しちゃっているんですね。まずはこれを外します。



では、サロンインテリアにしてみましょう^_^



カーテンを変える


サロンはお客様の身体と対話の時間。ご自身の身体と向き合う時間ですね。
 


リラクゼーションサロンでは日常では見過ごしがちな身体からのサインをお客様自身に気づいて頂くためにもゆっくり、リラックスする『精神の鎮静』を促す『繭・コクーン』のような環境を作ります。




精神が覚醒したままですとリラックスできません。遮光カーテンなどでしっかり窓は閉め、ほの灯りの空間にましょう。 



カーテンの裾上げは専用テープでアイロンで簡単にできます。


ぐっと落ち着きます。

明日は和室サロンでも大好きなピンクを使いたい!『色』についてお話ししますね^_^




5/10(火) 7エステセミナーでも詳しくレクチャーしますのでお楽しみに!



7ビューティ専属コンシェルジェ
デザインラボ ルナソル 熊手えり


【株式会社デザインラボルナソル/熊手えり】

美容・インテリアを中心にご提案するスパ&エステプランナー、インテリアコラムニスト。

東京とハワイを拠点に活動中。大学卒業後、ゼネコン他数社で建築設計に約10年携わった後、たかの友梨B.Cで経営中核を担うブランディングマネージャーとして8年半活躍。過去最高のV字回復を達成し、独立。

一見、接点のない2つの業界の共通点から見出した、著書「小さくても大きく稼げる「繁盛サロン」のつくり方」を伝授。主にスパ・美容系サロンのプロデュースの他、高級不動産のインテリアデザインなど手掛ける。

通称「るなっくま」インテリアコラムニストとしても発信中。サロン経営のヒント発信中!

☟いろんなサロン経営のコツ伝授☟【全国書店・アマゾンで好評発売中!】

小さくても大きく稼げる「繁盛サロン」のつくり方

株式会社デザインラボルナソル【セミナー依頼・プロデュースご相談】

lunasoldesign@gmail.com

【花鳥風月】繁盛サロンヒント

Salon produce & Interior Ideas