雰囲気は照明でぐっと変わります

ごきげんよう!るなっくまです。
前回の続き、照明の色!


今回のコチラ、

2億✨の高級物件


でもありますので、

内装材だけでなく、
照明の色温度にもこだわりました。


色温度



一般の方には聞き慣れない
ワードかもです。

現在、ご存知の通り照明は

蛍光灯

白熱灯

LED


に分類されます。

そして、白熱灯はLEDの普及により
なくなりつつあります。


LEDは明るいし、コストダウンにも
とても評価が高ったのですが、

演色性


がなかった!

ろうそくや暖炉のようなオレンジ色の
白熱灯のような柔らかな光。


つまり、色っぽくない😑



それが近年、改良されて
いー感じになってきました✨😆


わぁい✨✨✨


今回、コチラの物件では

蛍光色と白熱色に
調光のできるタイプを採用✨

↑蛍光色


↑白熱色

雰囲気、全然変わります。
もちろん、明るさも調整できます👍

蛍光色は

脳を覚醒


させる色ですから、本来、
家族が団欒する
リラックスする場所には向きません。

でも、キッチンのように

料理を作る
食材の色を確認する

など、作業する場所には適しています。

なので、

料理が終わったら色を変える💪
いゃあ、日本ってスゴいですねぇ😊


そうそう、サロンなどでは
蛍光色はNG🙅‍♀️

お客様の顔色をムダに
ワルく見せます。

実は売り上げにも影響ありますから
ご注意下さい!

詳しくは本にも書いてますので
良かったらご参考に😊


【全国大型書店・アマゾンで好評発売中!】

【株式会社デザインラボルナソル/熊手えり】

美容・インテリアを中心にご提案するスパ&エステプランナー、インテリアコラムニスト。

東京とハワイを拠点に活動中。大学卒業後、ゼネコン他数社で建築設計に約10年携わった後、たかの友梨B.Cで経営中核を担うブランディングマネージャーとして8年半活躍。過去最高のV字回復を達成し、独立。

一見、接点のない2つの業界の共通点から見出した、著書「小さくても大きく稼げる「繁盛サロン」のつくり方」を伝授。主にスパ・美容系サロンのプロデュースの他、高級不動産のインテリアデザインなど手掛ける。

通称「るなっくま」インテリアコラムニストとしても発信中。サロン経営のヒント発信中!

☟いろんなサロン経営のコツ伝授☟【全国書店・アマゾンで好評発売中!】

小さくても大きく稼げる「繁盛サロン」のつくり方

株式会社デザインラボルナソル【セミナー依頼・プロデュースご相談】

lunasoldesign@gmail.com

【花鳥風月】繁盛サロンヒント

Salon produce & Interior Ideas